横浜つづきクリニック

-内視鏡内科 心療内科 内科-

クリニックブログ

横浜つづきクリニック新院長挨拶

2020年02月18日

クリニック

はじめまして、河原と申します。

「つづき胃腸科クリニック」の出口院長ご勇退後の新院長の任を賜りました。

 

「横浜つづき内科クリニック 内視鏡内科 心療内科」という名前に変わります。

私も出口先生と同じく、もともとは消化器外科医で、医師になってもうじき30年になります。

得意分野は消化器科、胃カメラ、大腸内視鏡になりますが、今は一般内科、心療内科と幅広く診療しております。

 

現在「つづき胃腸科クリニック」通院中の患者様方も今までどおり、外来診察や検査を行ってまいります。

私がこの地域に住むようになって15年以上になります。

3人の子供がいますが、下の男の子2人はこの街で生まれました。

住みやすく、空気がおいしくてきれいなこの街が私は大好きです。

 

卒後の医師としての私の経歴の前半は、大学病院や都立、国立の病院で主に手術や入院業務をしてまいりました。

しかし、医者を志した時の私が夢見ていたのは、難しい手術の「症例」を次々とこなしていく「神の手」を持つ外科医、ではなく、一人ひとりの患者様との距離が近く、まるで家族や友人のように長く付き合っていく「町医者」だったので、経歴の後半は専ら開業準備のためのスキルアップに費やしました。

 

特に私が力を入れたのが内視鏡です。

検査さえしていれば胃がんや大腸がんにならずに済む人の手術をたくさんしてきました。

検査が楽で苦しくなく受けられればもっともっと多くの方に内視鏡を受けてもらえる、そうすればたくさんの方が癌で手術が必要になることもないのにと、いつも思っていたからです。

とにかく苦しくなく受けられる内視鏡検査に重点を置いて、年間1400件以上の内視鏡を行ってきました。

痛くも苦しくもなく、スルッと入っていく胃カメラ。

挿入時に痛みが出ず、患者様と世間話をしながらでもできる大腸内視鏡を行えるようになりました。

一度検査を受けていただいた患者様が、また受けてもいいなと思える内視鏡です。

そうすればたくさんの方に検査を受けてもらえて、がんで手術が必要になる患者様もどんどん減っていくはずです。

 

そしてまた同じように力を入れてきたのが、一般内科と心療内科です。

この両方に力を入れることで分かったことは、心と身体は切り離しては考えられないということです。

特に心療内科を学ぶことによって患者様との距離が縮まり、丁寧に話を聞いていくことの大切さがわかり、「心」が落ち着いて「安心感」が持てるようになると、「身体」の調子もよくなっていくことが実感できました。

そして体調がよくなるとさらに「安心感」が持てるようになり、そうすると皆さん素敵な笑顔になります。

私はその笑顔が本当にうれしくてこの仕事を続けています。

ですから、私たちの病院理念は「出会ったひと全ての笑顔のために」です。

 

私たちが自信をもってお届けしていきたいのは安心感です。

安心感があれば人は笑顔になります。

笑顔になればみんな幸せになれます。

皆さんの笑顔が私たちの仕事への意欲となります。

出会った人すべての笑顔のために私たちは前進を続けます。

 

私たちの信条は優しさと誠実さです。

クリニックの内装も一新します。

心地よい、そしてやさしさに溢れた空間を創っていきます。

アットホームなクリニックですので、どうぞ気軽にお立ちよりください。

 

 

ご予約受付
開始しています!

「内視鏡検査」のご予約・お問い合わせは、
お電話かメールでお気軽にご連絡ください。

045-913-5062                受付時間:月〜金 9:00〜18:00  土 9:00〜17:00

受付時間:月〜金 9:00〜17:00

土 9:00〜17:00

LINE公式アカウント