横浜つづきクリニック

-内視鏡内科 心療内科 内科-

クリニックブログ

MUSってなに?

2020年03月08日

心療内科

MUSとは、medically unexplained symptomsの略で、医学的に説明困難な症状のことです。

 

動悸がする、息が苦しい、喉が詰まる、めまいがする、吐き気がする、お腹が痛くなるなど様々な症状が、しかもいくつも出てきて、苦しくて仕方がないので病院に行って原因を調べる検査をしてもらう。

でも「異常ありませんから大丈夫です。気にし過ぎなんですよ。」などと言われてしまう。

そんなはずないともっと大きな病院に行って更に検査をするが、やはり「異常ないです。」と言われて、ひどい場合には医師が不機嫌になったりもする。

 

苦しくて病院に来ているのに誰も分かってくれない。

苦しいのは私なのに、なんで私が怒られないといけないの?どうしてみんなそんなに冷たいの?こんなに苦しいのに!

そして更に体調は悪くなっていく…

 

これがMUSです。怖いですね。

様々な症状が同時に出てきて、原因をいくら調べても分からない状態。

最初は本当に小さな、些細なストレスから始まっているのかもしれないのです。

それは職場で何か嫌なことがあったからかもしれませんし、膝や股関節が痛かったからかもしれません。

とにかくそれがいつも頭の奥に、心の奥に気づかないけど居続けます。

そのうち、動悸がしてきます。

動悸? 心臓が悪いのかしら?

と心配になります。

そしてそれが、小さな不安を生みます。

初めは小さな不安です。

動悸がしたので、病院に行って、心電図や胸のレントゲン検査を行いますが、異常なしと言われます。

その時は少し安心するのですが、育ち始めている不安はそれだけでは消えませんので、症状は残ります。

しかもいつも気にしているので、前よりも悪くなった気がしてきます。

そしてもう一度病院に行って検査をしてもらいます。

同じことで2度病院に来たため、その外来の医師は不機嫌になっていたりします。

知らず対応がぶっきらぼうで冷たいものになります。

冷たく対応されてショックを受けて、落ち込んで家に帰ります。

そしてその夜、やはり動悸がして救急車を呼ぼうかと思いますが、また冷たくされるからとあきらめて寝ようとします。

でも苦しくて眠れずにいると今度は胃が痛くなってきます。

何とか眠りについたものの朝起きると今度は吐き気がします。

そしてなんだか息も苦しい感じです。

やっぱり病院に行こうと準備をしていたら今度はめまいも襲ってきました。

とても一人で病院に行けないので、救急車を呼ぶことにします。

こんなに、本当に死ぬほど苦しいのだから、今度はちゃんと診てくれるはず。

そして救急病院に救急車で受診し、あらゆる検査を受けます。

点滴をしているところに医師が来て言います。

「どこにも異常は認めません。大丈夫ですから点滴終わったら帰っていいですよ。」

そんなはずありませんと言って必死につらさを訴えますが、その医師はもう興味を失ったように大して聞いてくれません。

 

そして翌日からつらくて長い、ドクターショッピングが始まるのです。
なぜこんなことが起こるのでしょうか。

 

それは最初に起こった些細な、本人も自覚していないようなストレスが、徐々に心に巣食っていき不安を生みます。

この不安というものは心にとって非常に不快なものです。

不安に徐々に痛めつけられしまった心は防御のために逃げ場を探し始めます。

心身体にとって大切なものですから、この心からの緊急SOSの信号を受け取った脳は心の負担を軽くするために体調の不良という代替のための症状を作り出します。

これは無意識下に行われたものですから思考には反映されないため、思考の方ではなぜ体調が不良になっているのかがわかりません。

心当たりのない体調不良が急に起こるため、新たな不安がそこにまた生まれてしまいます。

そして新たな不安に脅かされた心は防御のため逃げ場を探し、今度はまた新しい体調不良に逃げます。こうして負のループが出来上がり、思考がそのループに捕らえられて逃げられなくなってしまい、どんどん体調が悪くなっていくのです。

 

そのような症状に襲われた患者様にとって、最も大切なのは不安を取り除くことです。

つまり安心すること。

 

症状に対して疑いのある病気を一つ一つ確認して否定していきます。

必要な検査を行って、よくわかるように丁寧に説明します。

丁寧に説明をしていけば不安感が少し減っていきます。そして怖い病気が隠れていないことがわかったら、このような症状に襲われるメカニズムを説明していきます。

自分に何が起きているのかを知ることが大切なのです。

そしてその苦しみをわかってくる人が必要なのです。

そこからゆっくりと時間をかけて更に残った不安感を溶かしていきます。

そうすれば必ずその症状は改善していきます。

 

なかには長年の間その症状に悩まされてきた方もいるでしょう。

そんな方々に寄り添って一緒に改善に向かって歩いて行けたらと願っています。

ご予約受付
開始しています!

「内視鏡検査」のご予約・お問い合わせは、
お電話かメールでお気軽にご連絡ください。

045-913-5062                受付時間:月〜金 9:00〜18:00  土 9:00〜17:00

受付時間:月〜金 9:00〜17:00

土 9:00〜17:00

LINE公式アカウント