予約優先
中川駅徒歩2分(マルエツ横)
045-913-5062

平日(10:00~14:00/15:30~19:00)

ピロリ菌と慢性胃炎

ピロリ菌と慢性胃炎とは

胃の粘膜に炎症を起こした状態を胃炎といい、急性胃炎と慢性胃炎に分けられます。
急性胃炎は基本的に一過性で、細菌やウイルス感染、急激なストレスや暴飲暴食、薬の副作用などによって起こります。
一方、慢性胃炎は、長期にわたって胃の粘膜に炎症がみられる状態を指します。
かつてその原因は、加齢や慢性的なストレスによるものと考えられていました。
しかし、1982年にヘリコバクター・ピロリ、通称「ピロリ菌」が発見されて以来、この細菌に長期感染することで慢性胃炎が引き起こされることが分かりました。
また、従来から慢性胃炎には、萎縮性胃炎、表層性胃炎、びらん性胃炎などの分類がありますが、このうちピロリ菌が関与するのが、萎縮性胃炎です(後述)。

「ヘリコバクター・ピロリ」の名前の由来

ピロリ菌はオーストラリアのウォーレンとマーシャルという2人の医師によって、1982年に発見されました。
彼らはこの功績により2005年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
ヘリコバクターの「ヘリコ」とは螺旋(らせん)、「バクター」は細菌、「ピロリ」は胃の出口近くの「幽門」のことを表します。
つまりヘリコバクター・ピロリとは、「胃の幽門に生息する螺旋形の細菌」という意味です。

慢性胃炎の原因~ピロリ菌~

慢性胃炎の原因のほとんどは、ピロリ菌感染によるものです。
胃の中には胃酸(強酸性)があるため、細菌は生息できないと長年考えられていましたが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を出して尿素を分解してアルカリ性のアンモニアを生成し、胃酸を中和して生息しています。
ただし、その感染経路はいまだに不明です。
口から入ることは確かなようですが、ほとんどが免疫を獲得する前の乳幼児期に感染し、成人してから感染することは少ないと考えられています。
①ピロリ菌感染による慢性胃炎(萎縮性胃炎)
萎縮性胃炎は、胃の粘膜にある腺細胞(胃酸を分泌)が徐々に萎縮し、粘膜が薄くなる状態です。
その原因は長期にわたるピロリ菌感染で、ピロリ菌が出すアンモニアや毒素などで胃の粘膜が炎症を起こし、防御機能が低下して腺細胞が萎縮していきます。
これは胃の出口付近(幽門)から始まり、胃の入り口(噴門)にへと進みます。
胃内視鏡検査(胃カメラ)によって胃粘膜の萎縮がみられれば、ピロリ菌感染が疑われます。
まずはピロリ菌の検査で感染の有無を確認しましょう。
②ピロリ菌感染のない慢性胃炎(表層性胃炎とびらん性胃炎)
多くは粘膜の表面に軽い炎症がある表層性胃炎や、粘膜がただれた状態のびらん性胃炎で、胃に対するさまざまなストレスが原因です。

・喫煙やアルコール、過食や早食い(直接胃に負担をかける)
・カフェインのとりすぎ、消化の悪い食べ物(胃酸が増加し、胃に炎症を起こす)
・痛み止めや副腎皮質ステロイド薬の内服
・過労や不眠、不安感や心配ごとなど(「ストレス回避ホルモン」の分泌で胃酸が増加)

ピロリ菌が関わる病気

ピロリ菌感染は、慢性胃炎(萎縮性胃炎)のほかにも、さまざまな病気の原因となります。
ピロリ菌が関わる病気と、除菌による効果を以下にまとめました。
病気ピロリ菌除菌の効果
胃・十二指腸潰瘍胃潰瘍の80%、十二指腸潰瘍の90%はピロリ菌を除菌しない限り再発します。除菌すると胃潰瘍の10%前後、十二指腸潰瘍の5%前後まで再発率が低下します。
胃がん胃がん患者の約90%にピロリ菌感染がみられます。早期胃がんの治療後、ピロリ菌除菌者とそうでない人では、胃がんの再発率に約3倍の差が出ます。つまり、除菌により胃がんになる確率が約1/3低下することを示唆します。
胃MALTリンパ腫(悪性リンパ腫)除菌により悪性リンパ腫が縮小します。
特発性血小板減少性紫斑病除菌により血小板の数が増加します。
胃過形成性ポリープ除菌によりポリープが消失することがあります。

慢性胃炎の症状

慢性胃炎に特徴的な症状はありません。
また、萎縮性胃炎の程度と症状にも、相関関係はありません。
表層性胃炎やびらん性胃炎も、内視鏡検査の結果(所見)がほとんどなくても症状の強い人もいれば、びらん(胃粘膜のただれ)が強くてほぼ潰瘍に近い状態でも、全く症状が出ない人もいます。
潰瘍ができていても、出血したり、穴が開いて腹膜炎になるまで症状のない人もいます。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などと重なる症状が多いようです。
上腹部、みぞおちからおへその上あたりまでの痛み(胃痛)や、吐き気、胃もたれ、胃の膨満感、食欲の低下などがみられます。
しかし、ピロリ菌による萎縮性胃炎のほとんどは、はっきりとした症状がありません。
症状がなく、内視鏡検査によって初めて萎縮性胃炎とピロリ菌感染がみつかることも多いです。
症状のある人はもちろん、症状のない人も、定期的に検査を受けることをお勧めします。
一般的には、胃炎の症状とされる胃痛や吐き気、胃もたれなどは、ピロリ菌感染による慢性胃炎というよりも、胃に対する強いストレスが原因です。

慢性胃炎の検査・診断

①胃内視鏡検査(胃カメラ)
まずは上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で、胃粘膜の萎縮の程度や広がりを観察します。
それにより萎縮性胃炎のタイプ分類を行いますが、タイプと症状には全く相関関係がありません。
萎縮した粘膜は白っぽく抜けていたり、血管が透けて見えたりします。
ピロリ菌感染による胃炎の場合は、このほか、むくんだ感じに見えたり、しわ(皺襞:すうへき)が太くなり、点状もしくは斑状に赤くなったりします。
胃液の分泌が低下するために、粘膜の表面に直接胃酸が触れてただれます。
また、細い静脈の集合が規則的に配列する、RAC(regular arrangement collecting)という点状の発赤(ほっせき:赤み)が消失します。
萎縮部分の粘膜が鳥肌のように凸凹することもあります。
このような内視鏡所見ではピロリ菌感染を疑い、ピロリ菌検査を同時に行います。
②迅速ウレアーゼ試験(ピロリ菌検査)
ピロリ菌はウレアーゼという酵素を使って尿素を分解してアンモニアを作り、胃酸を中和して生息しています。
「迅速ウレアーゼ試験」は、この酵素の活性を利用し、組織の一部を採取して特殊な液体に入れ、その色の変化を見て診断する方法です。
ピロリ菌の検査方法はほかに複数ありますが、内視鏡検査を実施しないと保険適応になりません。
ピロリ菌検査(治療)のみで内視鏡をしないと、そのとき既にがんができている人を見逃す可能性が高いからです。
③その他の検査方法
空腹時に試薬を内服して呼気を確認する「尿素呼気試験」が最も感度が高く、除菌後の判定もこの方法で行います。
また、採血でピロリ菌の抗体を調べるものや、内視鏡の際に直接胃粘膜の組織を取って、顕微鏡で調べる方法などがあります。
さらに、尿や便で検査することも可能です。
萎縮性胃炎は、まずピロリ菌感染の有無を確認してから診断しますが、ピロリ菌感染のない、いわゆる表層性胃炎やびらん性胃炎は、内視鏡所見と症状から診断します。
そして、内視鏡所見と症状が一致しないことは、しばしば起こります。

ピロリ菌感染による慢性胃炎の治療

ピロリ菌の検査が陽性であれば、除菌治療に入ります。
陰性であれば、胃炎の症状に対しての薬物療法や食事療法を行います。
①ピロリ菌の除菌療法(一次除菌)
一次除菌では、胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)と抗生剤(抗菌薬)の組み合わせで7日間内服します。

1種類のプロトンポンプ阻害薬(PPI):通常量の倍量

+ 同時に内服

2種類の抗生剤

朝夕の1日2回で1回につき5錠、1日計10錠を7日間内服します。
飲み忘れのないように、毎日きちんと内服しましょう。
また内服中は、禁酒・禁煙をお勧めします。
飲酒や喫煙は除菌率を下げるからです。
この7日間の内服で、ピロリ菌を除菌できる確率は80%強です。
つまり20%弱は失敗するので、除菌療法後にはピロリ菌を完全に除菌できたかを必ず確認する必要があります。

除菌療法における副作用
下痢や軟便約20%の人にみられます。
軽い軟便であれば、そのまま除菌療法を継続して問題ありません。
ひどい下痢をした場合は、内服を中断して主治医にご相談ください。
味覚障害5%未満の人にみられます。
味を苦く感じたり、鈍くなったりすることがありますが、多くの場合は一過性のものです。
アレルギー1%未満の人にみられます。
蕁麻疹が出たり、むくんだり、高熱が出たりすることがあります。
内服を中断して、主治医にご相談ください。
肝酵素(AST、ALTなど)の変動まれに肝機能障害がみられることがあります。
②除菌後の判定
除菌終了から1カ月以上開けて、ピロリ菌の尿素呼気試験を行います。
試薬を内服して吐く息で判定する検査で、陰性であれば除菌成功です。
③二次除菌
失敗した場合は、二次除菌に進みます。抗生剤を変更し、同様に1週間内服します。
除菌不成功の原因としては、ピロリ菌がその抗生剤に耐性を持っている場合があり、抗生剤を変更して再度実施します。
二次除菌の成功率は約90%で、一次除菌のときと同じく1カ月以上開けて除菌判定を行います。
ほとんどの人は二次除菌で成功しますが、失敗すると、三次除菌からは保険適応がありません。
ただし、ピロリ菌の除菌に成功しても、胃がんになる可能性が0%になるわけではありません。
繰り返しになりますが、定期的に内視鏡検査を受けることをお勧めします。

ピロリ菌感染のない慢性胃炎の治療

ピロリ菌感染のない慢性胃炎の治療は、内視鏡所見からではなく、主に症状によって内服薬を決定します。
胃痛には制酸薬や胃粘膜保護薬、吐き気やもたれには、消化剤や消化機能改善薬などを選択します。
もちろん、以下のような食事や生活習慣の改善も大切です。

①規則正しい時間に食事しましょう。
②食事のときは慌てずに時間をかけて、よく噛んで食べましょう。
③夕飯は早めの時間に軽くとるようにして、食べた後すぐに寝るのは避けましょう。
④胃の中に長く停滞する消化の悪い食べ物は、柔らかくしたり、細かくするなり工夫しましょう。
⑤辛いもの、甘いもの、酸っぱいものなどは、胃酸が増加します。バランスのいい食事をしましょう。
⑥しっかり睡眠をとり、ストレスを感じたら適度に休みましょう。

  • 心療内科 心療内科
  • 内視鏡 内視鏡
  • 消化器内科 消化器内科
  • 内科 内科
  • オンライン診療 オンライン診療
  • 予約 WEB予約
  • 逆流性食道炎
  • 過敏性腸症候群
  • 潰瘍性大腸炎
  • ピロリ菌
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃がん